貸金業者の金利幅とは

キャッシング業者では、法律で認められる範囲内で金利を設定しています。

ですが、どの業者でも金利が同じというわけではなく、業者ごとに違いがあるということを理解しておきましょう。 ただ、金利を比較するといってもそれが明確に示されていないことがほとんどです。

そもそも金利とはなにかというと、これはお金を借りる際に発生する手数料のようなもので、利息制限法によって上限が決められています。 年利という言葉で知っている人も多いでしょう。

この年利は最高20%となっているので、20%を上回る年利を設定されているキャッシング業者などはヤミ金である可能性が高くなります。 そういった業者からお金を借りるのは危険なのでやめましょう。

利息の上限は借金元金によって上限が変わります。 借金元金が10万円未満であれば20%、10万円以上100万円未満であれば18%、100万円以上は15%です。

キャッシング業者を比較する際に金利を確認してから決める人が多いと思いますが、ほとんどの業者では上限が18%前後に設定されています。

ただ、下限金利は業者による違いがとても大きく、10%以上のところもあれば5%未満のところもあるのです。

また、高額の借り入れをすればするほど金利がお得になるのが一般的だということも理解しておきたいですね。 金利に幅がある理由のひとつとして挙げられるのが、お得感に関することです。

例えば、100万円借りた場合と10万円借りた場合の金利が同じだった場合、少額を借りる利用者が多くなるでしょう。 ほとんどの人は大金を借りることに抵抗があるので、一度にたくさん借りるのは避けたいと思うはずです。

しかし、10万円借りた時に比べて100万円借りた時のほうが金利がお得ということであれば、思い切って100万円借りたほうが得をするように感じる人も多いのではないでしょうか。

このように金利に幅を持たせることによって大きな金額を借りてもらおうと考えている業者が多いと言えます。

利用金額による設定金利は細かく提示されていない場合が多いのですが、中にはかなり詳細に提示しているところもあるので、規約などを確認してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ