キャッシングとカードローンの違いと使い分け方

誰でも急にお金が必要なときがありますよね。そんなときに役に立つのがキャッシングやカードローンです。

では、キャッシングとカードローンの違いって何かと思いますよね。 キャッシングとカードローンの大きな違いは、消費者金融からお金を借りたら一括で返すのが一般的ですが、カードローンは、借りたお金を毎月分割にして返すのが一般的です。

キャッシングとは、消費者金融の窓口に行くか今流行の無人契約機もしくはインターネットから申し込む事ができ、借りている期間も短く借りられる金額もカードローンから比べると金額は少ないですが、小額なら一括払いのほうが利子も付かず良いですね。

金額が大きくなると返済が大変になりますが最近では、キャッシングもリボ払いが可能になり、返済も楽になってきてますが一般的には一括払いが基本です。初めてキャッシングをする人は、返済をするときの事や30日間無利息で負担が少なく済む所や収入証明が必要の無いところが良いでしょう。

カードローンのキャッシングとは、無担保でお金を借りることができ、分割で返済ができることが特徴です。カードを作るときにキャッシングの希望額と、お金を借りたときに毎月返済する金額を設定をしておきます。急にお金が必要なときは、カード会社のATMなどの機械でお金を引き出すことができます。

また限度額内でしたら何度でも借りることができとても便利過ぎて、毎月繰り返してしまうと限度額がいっぱいになってしまい、返済ができなくなってしまうこともあるのでくれぐれも借りすぎには注意が必要です。 返済をするときお勧めなのが、口座引き落としが良いでしょう。

返済金額は、自分が決めた金額なので負担が軽く済みますが、返済期間が長すぎてしまうと元金より利息の方が大きくなってしまうこともあります。 できることなら、利息があまり増えないような返済額が良いでしょう。

キャッシングもカードローンもそれぞれメリットもあればデメリットもありますが利用者側が、今いくら必要なのか、返すときは一括で払えるのかそれとも分割にするのか今は、どちらのカードを使えば良いかを考え借りたら返す意識をしっかり認識していればとても便利で困ったときの神頼みになるカードです。

お金を借りるときは、計画的に借りましょう。

このページの先頭へ